天草旅行2日目 下田温泉でタコちゃんぽん

天草旅行の続きです。イルカウオッチから戻って、足を伸ばして下田温泉までやってきました。

天草 下島(熊本から遠い方の島)の海岸線沿いにある温泉街です。

写真は下田温泉センター白鷺です。日帰り温泉センターで、お湯も良いみたいですよ。

でも、今日は昼食を食べに下田温泉センター白鷺の中にある、ラウンジ椿さんにやってきました。

ラウンジ椿さん専用の入り口があるので、気兼ねなく昼食だけで利用できます。

IMG_1848-215

 

何を食べに来たかと言うと、南蛮ちゃんぽんです。料金は1000円/1100円ほど。

天草の名産である車えび、たこチャーシュー、天草ブランド豚の角煮、それらが全て入ったミックスからチャンポンを選べます。普通のチャンポンもあります。

普通のチャンポンと南蛮ちゃんぽんで出汁をかえているのですかね?普通のチャンポンは天草大王スープの白濁スープみたいなので、それはそれでおすすめかと。南蛮チャンポンは澄んだ感じのスープです。

南蛮ちゃんぽんは天草の各店舗が議論して、ある決まりの上で各店舗が工夫して出しているチャンポンです。

決まりの中に出汁が透明であることがあるみたいですね。

天草の郷土料理せんだご汁も頼みたかったのですが、南蛮ちゃんぽんには、せんだごも入っているようなので、良かったです。

IMG_1849-216

 

麺が見えないですね。角煮うまかったーーーー。もー一回食べたいです。ほんとに。

せんだごは、「じゃがいも」や「さつまいも」で作った「だんご」みたいです。もちもちした食感で美味しかったですよ。写真右側のオレンジや紫色をしたのが、せんだごです。

IMG_1851-217

 

タコチャーシューってか、たこですね。これも、かなり強烈なインパクト。やっぱり天草ならタコですかね!!

blogネタにはバッチリでしょう^^!

2つとも、チャンポンと言わなければチャンポンと判らないですね。

IMG_1853-219

なお、ラウンジ椿さんの雰囲気的は、普通の温泉の食堂って感じです。

下田温泉センターを後にして、腹ごなしに下田温泉街を散策してみます。次回に続く。

関連記事:

コメント

  1. kotone より:

    麺が見えないほど
    具が盛られたチャンポン いいですね

    南蛮ってつくと
    チキン南蛮のような 甘酢っぽいのを 想像しますが
    チャンポンも そんな感じなのですかね?

  2. ibuki より:

    チャンポンは、そんな感じではなく
    出汁のきいた旨味のあるチャンポンでしたよ。

    南蛮ちゃんぽんは、以下のようなルールを決めて天草の各店舗で工夫を凝らして
    売り出しているチャンポンです。
    ・スープは透明なものとする。
    ・天草の塩を使用する。
    ・天草のこだわり食材(車エビ、たこ、天草産ブランド豚)のどれかがメイン具材として入る。
    ・オリーブオイルで炒める。
    ・すり身を入れる(魚とは限らない)。
    ・オリジナルの後付ソースを別皿で提供する。
    ・天草陶器の器を使用する。