伊王島 アイランドルミナ(感想・所要時間・料金)

伊王島 アイランドルミナの利用料金

伊王島 アイランドルミナのナイトウオークに行ってきました。とれも綺麗で幻想的な世界を楽しむことができました。

伊王島 アイランドルミナの利用料金は以下になります。伊王島に宿泊ならアイランドルミナとセットプランがお得かもです。また犬同伴可のプランもあるみたいです。以下、参照してみてください。

i+Land nagasaki (アイランドナガサキ)(旧長崎温泉 やすらぎ伊王島)

またローソン等で前売りチケットを購入すると100円引きです。

■大人(18歳以上) 2,400円
■中人(13歳以上〜17歳以下) 1,800円
■小人(4歳以上〜12歳以下) 1,500円

伊王島アイランドルミナ、光の道

伊王島 アイランドルミナの駐車場・移動時間

伊王島 アイランドルミナまで直接車では行けません。

伊王島までは、橋で繋がってますので、車で渡ることができます。長崎市街地から伊王島まで車で30~40分程度の距離です。

車は伊王島へ橋で渡った付近にあるP5駐車場(伊王島に渡ってすぐのホテルなどの駐車場の一番端の方)に停めて、「島風の湯」の近くのバス停まで歩いて行きます。

2台くらいのバスが、この日は交互に動いてたみたいです。18:30にバス停を出発です。

伊王島アイランドルミナ、駐車場、バス停

バスで細い道を通って約5分で車で、伊王島 アイランドルミナに到着です。飲み物軽食を売ってるテラス席の売店と、雑貨など売っているお店があります。

なお、アイランドルミナは800メートルほどの距離ですが自然の森の中を進み、UP/DOWNもかなりありますので、運動靴のような歩きやすい服装が良いです。

足腰の悪いお年寄りには少し厳しい感じです。

伊王島アイランドルミナ、売店

伊王島 アイランドルミナの売店

飲み物軽食を売ってる売店のメニューです。バスで到着すると一斉に乗っていたお客さんがナイトウオークを開始するので、少し空くのを待つために、先にカフェラテなど頂いてから、ナイトウオークを開始することにしました。売店のメニューは以下です。

・コーヒー 350円

・カフェラテ 400円

・生ビール 600円

・ビックフランク 450円

・チーズドック 500円

etc

チケットは入場前に購入して、アイルランドルミナに入ります。会場内は飲み物の持ち込みは可能です。

伊王島アイランドルミナ、軽食飲み物メニュー

伊王島 アイランドルミナの感想・所要時間

18:50にアイランドルミナのゲートをくくります。入る前にブラックライトを当てると光るペンなどを貸して貰えるので、お好みでペインティングしてから出発してください。

この入り口付近では係の人に手持ちのカメラを渡して家族写真(記念写真)を撮って貰うこともできました。

ここからネタバレ記事がありますので、どんな感じか知りたくない人は下を読まないでください。

伊王島アイランドルミナ、入り口

大きな木の下を通ってアイランドルミナの世界に入ります。

伊王島アイランドルミナ、入り口、大木

最初にストーリーの説明があります。これを読んでた方が、アイランドルミナのナイトウオークを楽しめると思います。

闇に支配された島にユラという少女がいました。
村人たちの話を偶然聞いてしまった運命の夜、この少女の物語が始まります。

魔法の宝石がなくなった時、暗闇がやってきたというこの地に伝わる伝説があります。
ドラゴンが天空より宝石を盗みさったと言い伝えられているのです。
ここまで追ってくる強い心を持った者はいないだろうと、
遥か昔に難破した謎の船にドラゴンは宝石を隠しました。
事実、いままで誰もそんな勇気を持った者は現れなかったのですが……

ドラゴンのすみかに辿り着くには村のある井戸から秘密の通路を行くしかない事を突き止めたユラ。
好奇心に駆られたユラは宝石を見つけ島に光を呼び戻すため、旅に出ます。

ユラの行く手にはいろいろな困難が待ち受けています。
途中で出会う仲間に支えられなければ、旅を続けることはできません。
幻想的に光る不思議な水中世界。
恐ろしいドラゴンから宝石を奪い返し、闇の世界になってしまったこの島に光を取り戻すため、
ユラと一緒に冒険の旅に出よう!

伊王島アイランドルミナ、ストーリー

アイランドルミナの世界です。

プロジェクションマッピングのデジタルアートと、自然の森を使って幻想的な光の世界が始まります。ストーリー性のあるアニメーションが森の中で雰囲気と好奇心を湧き上がらせてくれます。

伊王島アイランドルミナ、プロジェクションマッピング

秘密の井戸から少女はドラゴンを追っていきます。

伊王島アイランドルミナ、プロジェクションマッピング、井戸

水の中のような不思議な幻想的な通路が現れます。ここは貸し切りだったのはラッキーだったかな。子供は楽しかったらしく5往復くらいしてました。

伊王島アイランドルミナ、水の音の道

まるで水の上を歩くような音がして、とても面白かったです。ジャンプしながあ進むと音と光が付いてきます。

伊王島アイランドルミナ、水の音の道

更に進むと、光の飛び交う不思議な木々の洞窟のような世界に入ります。ここはカメラで見ないとココまで綺麗ではないです。

肉眼だと光がかなり淡く見えてて、行った人によっては、このゾーンに気がついてない方もいました。

ここかなと思ったらカメラ越しで見てみてください。

伊王島アイランドルミナ、光の洞窟

暗い森の中に光が飛び交う世界で、とても綺麗でした。スマホでもそれなりの写真が撮れたみたいですが、カメラが好きな人なら、手持ちの中で一番明るいレンズ付けて行くと良いかと思います。

アイランドルミナの撮影には、50mm相当のF1.8、21mm相当のF2.8の単焦点のレンズで撮っています。

伊王島アイランドルミナ、光の洞窟と子供

スモークも流れて、幻想的な青い光の世界を後にします。アイランドルミナの中で写真を撮るなら、ここが一番好きでした。

伊王島アイランドルミナ、光の洞窟と階段

長い下りの階段を降りていきます。先にも話しましたが、かなりのUP/DOWNあるので、歩きやすい服装で行かれてください。

なんせ本物の森の中が舞台です。

伊王島アイランドルミナ、長い階段

階段を下り進むと、海岸に!!! ライトでなく満月が出迎えてくれました。とてもきれいな月光で海を照らしてくれてます。

伊王島アイランドルミナ、海岸と月

海岸沿いの崖の森が天然のスクリーンになってて、月夜に物語が流れます。とても不思議でロマンチックです。

海の音、伊王島の本物の灯台など、自然とコラボした世界がとても素敵な場所です。

ゆっくり座ってると、係の人に先に進むように促されました。まーここで人溜まりができてもいけないですしね。

伊王島アイランドルミナ、海とプロジェクションマッピング

今度は長い階段を登りつつ、青い光玉が転々と付いている世界を歩いていきます。

伊王島アイランドルミナ、森を散策

赤い世界に、ここは森の入り口でおじいさんから貰ったブラックライトで、案内板を照らして進みます。道を間違わないように森の中を進んでいきます。

赤い世界の森は、不気味ですね。子供に先導させて、あーでもない、こーでもないと進んで行きます。

伊王島アイランドルミナ、幻想的な迷路

光の道を進んで行きます。いよいよアイランドルミナも終盤の世界に入ります。

光の形が不思議で面白い道でした。

伊王島アイランドルミナ、光の通路

ドラゴンが対岸の森の中を飛んでます!! 太鼓を叩くとドラゴンにレーダー光線が飛んで攻撃できます。

ドーンドーンと命中し雌雄を決するかと思いましたが、ここではドラゴンを倒しきれないみた。

伊王島アイランドルミナ、森のドラゴンを攻撃

更に進むと帆船が。帆船の帆にプロジェクションマッピングの絵が映し出され、クライマックスの女の子とドラゴンとの戦いが繰り広げられます。

天気が良かったので夜空には本物の星も棚引いています。

これでアイランドルミナのナイトウオークも終了です。

アイランドルミナの所要時間ですが、自分たちは1時間05分でした。でも自分たちは貸し切りになりたくて、だいぶ待ったり写真をたくさん撮ったりしていたので、すんなり進むと50分前後くらいではないかと思います。

伊王島アイランドルミナ、帆船とプロジェクションマッピング

子供はもちろんですが、大人も十分楽しめました。入る前は高いので、そこまでの価値があるかな?とも思いました個人的には大変満足でした。

夜の森を歩く経験も普段ないことですし、そこに最新鋭の光のデジタルアートが浮かび上がりストーリーを進めてくれるので、ほんと不思議な世界をワクワクすすむことができました。

ただ、UPDOWNがかなりある暗い森の中をあるので、服装や靴などはご注意ください。あと階段等が厳しいくらいの小さいお子さんや高齢の方は、すこし厳しいかもしれません。

i+Land nagasaki (アイランドナガサキ)(旧長崎温泉 やすらぎ伊王島)

伊王島 アイランドルミナへのアクセス情報

伊王島 アイランドルミナへのアクセス情報です。アクセス情報はアイランドルミナへバス乗り場の場所を指してます。バスはピストン輸送しているので、それほど待たずにくるかと思います。

場所 長崎県長崎市伊王島町1-3277-7(i+Land nagasaki内)
営業時間 日没~23:00(最終入場22:30) ※季節により変動