博多-門司港 いさぶろう・しんぺい(鬼滅・無限列車の客車のような雰囲気)

門司港-博多間を走る「いさぶろう・しんぺい」 旅行・おでかけ

博多-門司港間を観光列車「いさぶろう・しんぺい」に乗車

博多-門司港間を「かわせみ・やませみ」と連結して走っている「いさぶろう・しんぺい」です。

「かわせみ・やませみ」がちょっと豪華でモダンな雰囲気ですが、「いさぶろう・しんぺい」もクラシックモダンみたいな雰囲気ある観光列車になってます。

博多-門司港間を観光列車「いさぶろう・しんぺい」に乗車

 

「かわせみ・やませみ」からは、写真の連結部分を通って行き来自由にできました。

「いさぶろう・しんぺい」に乗っても、ここを通って車内販売のある「やませみ」の車両へ飲み物やグッズなど買いに行くことはできます。

「かわせみ・やませみ」から見た「いさぶろう・しんぺい」

 

「いさぶろう・しんぺい」連結部分にあるプレートです。

「かわせみ・やませみ」と「いさぶろう・しんぺい」の連結部分

 

鬼滅の刃の無限列車を思い出す「いさぶろう・しんぺい」の客車

「いさぶろう・しんぺい」の客車内です。ちょっと鬼滅の刃の無限列車の客車を思い出すような雰囲気でした。

緑のクラシックなシートに天井の丸型のライトがそんな雰囲気に感じるのでしょうね。無限列車の客車の丸形ライトは1列ですが。

「いさぶろう・しんぺい」の客車

 

特にトンネルなんか入ると夜を走ってるような雰囲気で、鬼滅の刃の無限列車に乗ってるような感じに思えます。

これでライトがチカチカとかでもしてくれれば、おおって感じになりますが。

鬼滅の刃の無限列車を思い出す「いさぶろう・しんぺい」の客車

 

床も木の床で雰囲気あります。こちらの車両は「かわせみ・やませみ」より空いていたので、ちょっと寝落ちした雰囲気の写真撮ったりして雰囲気を満喫させて貰いました。

鬼滅の刃の無限列車雰囲気のある「いさぶろう・しんぺい」

 

「いさぶろう・しんぺい」で客車内・記念スタンプ

「いさぶろう・しんぺい」の記念スタンプも車内で押すことができます。「かわせみ・やませみ」の方にもスタンプを押す場所はあります。

「いさぶろう・しんぺい」で客車内で記念スタンプ

 

「いさぶろう・しんぺい」は肥薩線を走ってる時は一部区間で普通列車として運行しているので、地元の方は整理券とって利用されたりするのでしょうね。

「いさぶろう・しんぺい」の整理券

 

「いさぶろう・しんぺい」の方が先頭車両になっていたので、こちらからは前方方向を見ることもできました。

運転士さんの運転も後ろから見学できました。

「いさぶろう・しんぺい」の方が先頭車両

 

小倉・門司港へ到着する「いさぶろう・しんぺい」

博多発10:39で途中の香椎、折尾、黒崎、小倉、門司、門司港の順に止まります。小倉に12:01、門司港に12:16に到着です。

12:01に小倉に到着したとこです。停車時間が少しだけあったので外から写真とったりできました。

指定席特急券を支払って乗っていますが観光列車だけあって、10:45博多発の快速列車に途中で抜かれます。快速は11:55に小倉到着します。

小倉港へ到着する「いさぶろう・しんぺい」

 

「いさぶろう・しんぺい」が門司港駅に到着です。九州の終点って感じさせてくる駅のホームです。門司港駅をでれば、徒歩ですぐ関門海峡が見えます。

門司港へ到着する「いさぶろう・しんぺい」

 

かわせみ・やませみ・いさぶろう・しんぺいと、いろんな客車をまとめて見れてお得感のある観光列車の旅でした。

約一時間半の列車旅でしたが、写真とったり飲みの飲んだりしてたら、あっと言う間ですね。客車内探索して楽しんでたので指定席に座ってた時間の方がたぶん短いだろうなとは思います。

門司港駅へ到着した「かわせみ」観光列車

 

連結している「かわせみ・やませみ」の観光列車の様子や車内販売の内容などは以下を参照してください。

 

門司港駅に到着後、すぐ近くにある連絡船に乗って下関・唐戸市場までお昼を頂きに行ってきました。続きは以下参照ください。

タイトルとURLをコピーしました