門司港駅周辺を散策(門司駅から門司港駅)

散策・ハイキング

門司駅から門司港駅へ

門司港駅でなく門司駅です。門司港から2駅ほど小倉よりの駅です。門司駅→小森江駅→門司港駅の順に止まります。

山口の下関駅も門司駅の隣です。門司駅から分岐して隣の駅が下関駅になりますので、今の本州からの玄関口は門司駅です。

せっかくなので、電車で新しくなった門司港駅へ向かいたいので、今回は門司駅に車を止めて向かうことにします。

あと下関に渡る予定だったので電車で下関から関門海峡をトンネルで抜けて門司駅に戻ってくる予定です。

門司駅

 

特急も本数は少なそうですが、門司駅に停車します。ちょうど普通列車を待っている間に特急「きらめき」が停車していきました。

門司駅と特急「きらめき」

 

門司港へ博多からお得に特急列車の旅をするなら以下の切符も良いですよ。

門司港・小倉~博多間で格安キップ お買い物往復きっぷ
「お買い物往復きっぷ」でお得に博多~小倉へ 小倉まで用事があって利用した「お買い物往復きっぷ」の紹介です。 支払った料金のうち1000円を買い物券で利用できる切符で、博多~門司港・小倉を実質2060円(買い物券1000円付き)で特急を利用し...

 

電車で終点「門司港駅」へ到着

普通列車で2駅で門司港駅に到着、ちょっとだけですが電車旅です。門司駅から210円(子供100円)で到着です。

せっかくなので、子供の「きっぷ」を買って電車旅って気分です。

電車の車両止めが、終点駅って感じで雰囲気ありますね。

門司港駅と車両止め・終点駅

 

ホームの木の板が使われた屋根がレトロな感じでとてもいい感じです。門司港門司港終点です。

門司港駅のレトロなホーム

 

大正時代に出発の合図として設置された鐘だそうですが、今でも旅立ちの鐘として乗車客を見送っている鐘です。

門司港駅の鐘

 

2019年に新しくなった門司港駅の駅舎ですが、中にはレトロな雰囲気に合わせたスターバックスも入っていました。

門司港駅のスターバックス

 

新しくなった門司港駅の駅舎です。時計台も前のままなんですね。昔のほうが味わいはあったような気もしますが、昔の様式を復元させてくれています。

門司港駅の新しい駅舎

 

門司港駅周辺を散策

門司港駅から海峡プラザなどある方に歩いていきます。写真は門司港駅から歩いて、すぐの場所です。

門司港周辺を少し散策して回ることにしました。門司港レトロハイマート(高さ103メートルの展望台のあるマンション)や、門司港のレトロ街を港から見渡せます。

天気がよかったので、気持ち良い日でした。

門司港駅周辺を散策

 

海峡プラザの前のバナナマンとバナナマンブラックです。フォトジェニックな場所です。なかなかリアルにできてます。

門司港駅周辺を散策、海峡プラザの前のバナナマンとバナナマンブラック

 

大正ロマンの建物と、調和する形でたつ高層ビルです。

大正ロマンの建物と、調和する形でたつ高層ビル

 

上の建物と広場を挟んで反対側に建っていた旧門司税関です。無料で中に入ることができます。

レンガ造りの古い建物の中です。綺麗で趣のある建物になってました。行った時は雛人形がたくさん飾られてました。

旧門司税関の中

 

「ブルーウイングもじ」の跳ね橋です。ちょうど跳ね橋が降りて橋が繋がる時間でした。少し待って跳ね橋を渡ることにします。

門司港駅周辺を散策「ブルーウイングもじ」の跳ね橋

 

近くでは紙芝居も行われていました。呼び込みが、なかなか強烈で紙芝居は話がとぎれとぎれみたいでしたが。。

判っていて見てみるには話のネタに良いかもです。見るのは100円/人が必要です。

門司港の紙芝居

 

「ブルーウイングもじ」の跳ね橋を割ったって港を1周して、門司港駅方面に戻って来ました。

今度は、写真の船乗りばから「関門連絡船」で下関の唐戸市場まで渡ることにします。

関門連絡船の門司港側

 

門司港駅周辺の散策ルート

今回くるっと回った門司港駅周辺の散策ルートです。ぷらっとお店に入ってお買い物したり旧門司税関に立ち寄ったり、写真とったりしつつで約1時間ちょっとの所要時間です。

立ち止まらずに歩いてまわると10分くらいで回れると思います。

 

関門連絡船で唐戸市場へ渡った記事は以下で紹介しています。

門司港から船で唐戸市場へ!海鮮丼・寿司を頂く(山口県下関市)
門司港から唐戸市場へ船で渡る 関門海峡を船で渡って下関の唐戸市場で食事を頂くことにします。門司港と唐戸市場を繋ぐ連絡船です。 今時期は寒いですが展望デッキもあるので、閉鎖空間に入らずに済みます。新型コロナ関連で今は閉鎖空間にはできれば居たく...
タイトルとURLをコピーしました